2021年度後期 法政アクティブリサーチ 畠山クラス 活動報告⑤

  2班は石川県金沢市を研究対象地域とし、伝統行事と行事菓子の関係や和菓子産業の継承について現地調査の実施と電話及び書面での質問回答をしていただきました。


 ・2月1日(火) 電話回答

  石川菓子工業組合 事務局 (ヒアリング)

 ・3月14日(月) 現地調査

  越山甘清堂 (ヒアリング)

  尾山神社 (見学)

 ・4月上旬 書面回答

  尾山神社 (ヒアリング)



 越山甘清堂でのヒアリングでは、金沢という土地柄と和菓子の普及率との関係や人々の暮らしにどのように根づいているかまでお話ししていただきました。また、和菓子職人の後継者問題など伝統の継承における課題や今後の展望もお聞きすることができました。尾山神社では、茶の湯文化と金沢百万石まつりの関わりや伝統行事の継承における課題をお聞きすることができました。



 現在はこれらの調査を基に報告書を作成しています。


2021年度後期 法政アクティブリサーチ 畠山クラス 活動報告④

  3班は和歌山県みなべ町・田辺市を研究対象地域とし、みなべ・田辺の梅システムにおけるスマート農業の現状とこれからについて現地調査及びオンラインでのヒアリングを行いました。


 ・3月3日(木) オンライン

  みなべ町役場 うめ課 (ヒアリング)

 ・3月7日(月) オンライン

  和歌山県果樹試験場 うめ研究所 (ヒアリング)

 ・3月24日(木) 現地調査

  渡口農園 (農園見学、ヒアリング)



 みなべ町役場へのヒアリングでは、みなべ・田辺の梅システムにおける行政の見解をより知ることができ、事前学習時点よりもスマート農業に対する印象がプラスに変化しました。一方、うめ研究所へのヒアリングでは、行政との連携やスマート農業導入における現場の課題をお聞きすることができました。現地調査では、実際の作業内容を見学することで農園現場への理解を深めることができました。



 現在はこれらの調査を基に報告書を作成しています。


2021年度後期 法政アクティブリサーチ 畠山クラス 活動報告③

  1班は愛知県岡崎市を研究対象地域とし、八丁味噌と地理的表示(GI)保護制度に関する問題について現地調査及びオンラインでのヒアリングを行いました。


 ・3月1日(火) オンライン

  農林水産省 輸出・国際局 知的財産課 (ヒアリング)

 ・3月10日(月) オンライン

  愛知県味噌溜醤油工業協同組合 (ヒアリング)

 ・3月18日(金) 現地調査

  八丁味噌協同組合 (ヒアリング)

  株式会社まるや八丁味噌 (工場見学)

  合資会社八丁味噌 八丁味噌の郷 (工場見学)


 

 農林水産省へのヒアリングでは、登録審査基準やこれからの取り組みなどのお話を聞くことでGI制度への理解を深め、現在裁判中の八丁味噌の問題についても見解をお聞きすることができました。現地調査では、2社の工場を見学させていただき実際の製造過程や歴史を学ぶことができました。各組合のヒアリングを通して、それぞれの考えや主張といった当事者の方の生の声を聞く重要性を深く感じました。



 現在はこれらの調査を基に報告書を作成しています。


2021年度後期 法政アクティブリサーチ 畠山クラス 活動報告②

  畠山クラスでは、4つの班に分かれ2月から3月に現地調査及びヒアリングを行いました。新型コロナウイルスの感染対策を徹底しながら、今年度は全ての班が現地でのヒアリングを行うことができました。


4班は神奈川県鎌倉市を研究対象地域とし、観光地での食べ歩きの現状とゴミ箱の設置について現地調査及びオンラインでのヒアリングを行いました。


・2月23日(水) 現地調査

 鶴岡八幡宮 (ヒアリング)

 横浜中華街 (街頭調査)

・3月31日(木) オンライン

 横浜中華街発展会協同組合 (ヒアリング)



鶴岡八幡宮、小町通り、横浜中華街での現地調査を通して啓発ポスターや清掃活動など実際の状況を見ることができました。鶴岡八幡宮でのヒアリングでは、ゴミ箱を設置していない理由について神社という他の観光地と異なった神聖な場所であるためといったお話も聞くことができました。また、横浜中華街では分別の細分化に伴うゴミ出しルールの複雑さが挙げられ、マナー条例への問題意識についてお聞きすることができました。



現在はこれらの取材を基に報告書を作成しています。



2021年度後期 法政アクティブリサーチ 畠山クラス 活動報告①

 今年度の畠山クラスでは、「史跡と食とまち~コロナ禍を超えてゆけ!~」をテーマとしています。「史跡」・「食」・「まち」という3つをキータームとして、これらに繋がりのある問題を班に分かれて研究しています。実際に現地に赴き、調査する問題に関係する方々へのヒアリングを通して、現状の課題や解決策を検討していきます。


 研究対象とする地域を選定するために班に分かれて検討し、様々な候補地が挙がりました。それぞれの班の関心や問題意識などを踏まえ、「愛知県岡崎市、石川県金沢市、和歌山県みなべ町・田辺市、神奈川県鎌倉市」に決定しました。


1班:八丁味噌と地理的表示(GI)保護制度に関する問題

2班:金沢の伝統行事と行事菓子の保護

3班:みなべ・田辺の梅システム(スマート農業)と伝統農業との関係

4班:鎌倉市におけるポイ捨て等の観光公害への対策


 今後はこれらの地域についての勉強を進めるとともに、アポイントメントの取得や質問状の作成などヒアリングに向けた準備を行っていきます。



2021年度後期 法政アクティブリサーチ 共通講義

2021年10月20日 ヒアリング調査等におけるマナー・取り組み方講座
2021年12月4日 卒業生・内定者による就職活動報告相談会


 「ヒアリング調査等におけるマナー・取り組み方講座」では、これまで法政アクティブリサーチを担当していた牛尾先生が講演を行ってくださいました。主に、電話でのアポイントメントの取り方やメールを送る際のマナーを教えていただきました。また、これまでの活動での経験を踏まえた上でのアドバイスや心得についても教えていただき、受講生はこれからの取り組みの参考になったと思います。



 「卒業生・内定者による就職活動報告相談会」では、卒業生と4回生の内定者の方々に就職活動に関する講演をしていただきました。卒業生の方々には、就職活動のお話以外にも学生時代の取り組みや現在のお仕事との関連性についても教えていただきました。また、4回生の内定者の方々には就職活動報告をはじめ、質疑応答を通して受講生の悩みについて答えていただきました。先輩方の体験した貴重なお話を聞くことができ、現在2回生の受講生はこれからの就職活動のイメージが広がったと思います。




2020年度後期 法政アクティブリサーチ 畠山クラス 活動報告⑤

 5班は石川県金沢市の体験型観光に着目し、「体験型観光の魅力をどう活かすか」をテーマに現地での体験とオンラインでの体験を比較し調査を行いました。


株式会社こはく

日時:2021年2月7日(日)オンラインでのヒアリング

         2021年3月12日(金)現地でお話

オンラインのヒアリングでは、新型コロナウイルスの影響を受けて始めた事業「イチバのハコ(近江町市場の食材が詰められた箱)」についての話を伺い、他にもオンラインの魅力や可能性について伺うことができました。現地では「イチバのハコ」以外の事業についてもお話を聞くことができました。

また、「イチバのハコ」を実際に利用し、現地に行った際には中身の食材が売られている近江町市場に足を運びました。



かなざわカタニ

日時:2021年1月12日(火)オンライン金箔貼り体験

   2021年3月12日(金)現地で金箔貼り体験

   2021年3月24日(水)オンラインでのヒアリング

陶庵

日時:2021年3月12日(金)現地で陶芸体験

   2021年4月17日(土)オンライン陶芸体験・ヒアリング

両者ともオンラインと現地の体験を比較し、新たに出てきた疑問点と新型コロナウイルス関連を中心にオンラインでのヒアリングを行いました。

現地体験のメリットとしては「プロがそばにいる安心感、現地の空気や文化を直接感じられる」が挙げられ、デメリットとしては「お金と時間に余裕があり、健康でないと現地に行けない」ことなどが挙げられました。

オンライン体験のメリットは「交通費や移動時間がかからない、離れた場所にいる人とできる」が挙げられ、デメリットとしては「早めの事前予約、画面越しであるため伝わっているか分からない不安感、安定した通信環境」などが挙げられました。


今回の調査を通してオンライン体験の魅力や可能性だけではなく、体験型観光の需要や価格設定、伝統工芸文化の伝承などの新たな着眼点を発見ですることができました。今後はこれらを基に報告書の作成に取り組んでいきます。